あなたの好奇心とあなたの暮らしに最高の和みを加える魅惑の真空管ワールド「吉柴音響産業」

真空管アンプのカスタムオーダーから修理と企画まで。
良質の音を求めていまも進化しつづけています。

事務所の様子は悲惨な状態で足の踏み場がない!
アンプやスピーカーの間をお客がこわごわ歩いている状態。

WEのVT−25は真空管の中でも超優れもののサウンドを聴かせてくれる。いつ聞いても755Cのような難しいスピーカーをこよなく愛さずにはいられない音にしてしまう。VT−25はただ者でない凄みの真空管まるでTRアンプからは聴けないサウンドを再生する魅力です。

事務所の様子

あなたは自作アンプの音の悪さをトランスにかこつけてアンプ設計の知らなさ、未熟さを反省しないのは、いつまでたってもいい音にはたどり着けない。

トランスを知り尽くしてそのトランスにあった料理をしてやっと一人前になれるかな?

まずは音楽をどう聴きたいのか?
自分の大好きな音がどれだけ生らしさを感じさせてくれるかの鍛錬も必要ですね。

アンプ設計

いくら電気的に優れたアンプを造っても音の侘び寂びを知らないと特性の虜になって、良い音からどんどん遠くはなれているのに気がつかない。

だからオーディオは迷い道が一番楽しい。

ただいま、物置状態ですが再生音は明るくとても楽しい。こんなアンプがあってもいいではないか?
7581の再生音は魅力的!
なぜこんな真空管が知られてこないのか、日本の真空管オーディオはどこかずれていませんか?
300Bだけが真空管アンプじゃないですよ。

アンプ設計

電卓とパソコンとメモ帳だけがいつも新しい。毎日データーと耳と音楽との考査の延長で今日もまた時間が足りません。

サックスやトロンボーンのかすれながらブロウアップする様や、ちょっと詰まり気味のピアノだけれど音が太く揺らがない。私はいつもJAZZのクラシックも解らない人と自負しています。

なぜなら、怪しくテンポや音を外しそうで必死にまとめようとしているミュージシャンが大好き!
いつも評論家先生のうまい演奏とかの推薦版ははっきり申せば面白くない。
正確な演奏とかといわれているのを聞きながら俺は違うよなとか思っているので、やっぱり怪しいバランスの歌い手とか演奏が好きな変人です。

好きな音を出す素材は事欠かないようにしておきたいが、いまの現状はかなり厳しい。

アンプ設計
  • JUTTA HIPP/BLUE NOTE
  • STAN THE MAN/VERVE RECORDS
  • COOL STRUTTIN/BLUE NOTE
店名 真空管アンプの吉柴音響
会社名 有限会社吉柴音響産業
所在地 〒321-0942
栃木県宇都宮市峰1-14-15
電話番号 028-637-3990
FAX番号 028-637-3990
メールアドレス audio@yoshiba-audio.com
営業時間 10:00~16:00
定休日 毎週木曜(日曜日休業することがあります来店前にご連絡ください)
取扱商品 真空管アンプの製造販売、ホームオーディオ機器の販売、店舗用音響設備、病院工場音響設備、非常用音響などの販売および設置工事、真空管アンプ・オープンデッキなどのオーディオ機器のメインテナンス、アンプ製作設計教室
メッセージ 音楽を楽しむことは文化です!芸術を鑑賞することは心の栄養補給誰にも、悩んだ時や苦しいときにも必要な事でしょう。アンプを操作しながら、こちらの音がいいとかウンチクを並べて楽しむ。そんな昭和の趣味は素晴らしく、その魅力を真空管アンプが伝えてくれます。吉柴音響では真空管アンプの中でも他とは違う良質な真空管アンプを提供します。
交通機関
電車
東北(新幹線)線宇都宮駅下車
徒歩20分またはバス
バス
東武宇都宮駅バスで8分/宇都宮大学前で下車
停留所より徒歩3分
鹿沼インターより30分/上三川インターから25分